躁鬱病と診断された後に周りの人と一緒に治療していく

ピックアップ

悩む女性

うつ病との違い

躁鬱病は、双極性障害という病気です。うつ病と同じ症状が起こる場合もあるため、うつ病と診断されやすい病気でもあります。その躁鬱病とうつ病の違いについて詳しく紹介していきます。

» readmore

岩から身を守る男性

受診時のポイント

躁鬱病かどうか検査・診断するときに、多くの患者がうつ状態のときに病院を訪れます。そのため、うつ病と診断される人も少なくありません。躁鬱病に関しては、原因も今だ解明されていないので、判断が難しくなっています。

» readmore

はてなマークと男性

治療方法

躁鬱病と診断されて治療していくにあたって、行っていく治療方法は様々なものがあります。その症状の度合いや種類によって治療法も違ってきます。その治療方法や薬の治療について簡単に紹介していきます。

» readmore

うまく付き合う

躁鬱病の診断について

躁鬱病は、治療に長期的な時間を有する病気です。認知度も高まり、心療内科や精神科・メンタルクリニックといった専門機関が増えてきています。男性女性関係なく、多くの人が躁鬱病に陥っています。一度病気になったら治らないということはなく、適切な治療を行なうことで回復に向かっていく病気です。ただ回復に向かうためには、家族や周りの人の助けも必要になってきます。症状をコントロールして、病気とうまく付き合っていくことが大切です。

うつ病の今後について

心療内科のような専門機関が全国的に増えて、躁鬱病に対する診察や診断が受けやすくなっています。ただ、数ある病院の中で、治療を行っていくためにはしっかりとした病院選びが必要となります。薬に関してしっかりと説明してくれるところ・医師とのコミュニケーションが図れるところを選びましょう。精神疾患なので、その症状について話し合いが出来ないと回復は難しくなります。信頼関係が築ける医師を探しましょう。今はインターネット上で専門機関のホームページを簡単に見ることが出来ます。そこで医師の経歴を知ることも出来るので、病院選びの判断材料になるでしょう。また口コミサイトも充実しているので、サイトで他のところとの比較をしてもいいでしょう。

躁鬱病は、うつ病と間違われやすい病気です。ですが、うつ病と診断され治療法を間違うと、自殺にまで発展することがあります。そうならないためにも、躁状態とうつ状態があることを、しっかりと医師に伝えましょう。気分が高揚する躁状態があることを伝えないと、うつ病と診断される可能性もあります。

診断することが難しいうつ病の1つに躁鬱病があります。躁鬱病は必ず、医師に診断してもらうことが必要です。疑いがある段階でも構いませんので、最寄りの心療内科の診断を仰ぐようにしてください。そうすることが躁鬱病の早期発見、および早期の回復につながっていきます。では、どのような治療が行われるのでしょうか。基本的には心療内科では医師のカウンセリングを受けることになり、そのカルテをもとに薬が処方されます。そして、その薬によって治療していく薬物療法がとられていくのです。躁鬱病は気分のアップダウンが強いため、周囲の人間たちがよく観察する必要があります。本人の辛さをおもんぱかってあげて下さい。躁うつ病の回復には周囲の理解が必要です。

将来的にも、そううつ病やうつ病の治療には心療内科が関わることになります。そして、カウンセリングを中心に治療が行われますが、今ではカウンセリングの外に食事療法や運動療法などを取り入れているクリニックもあります。特に、運動療法はそううつ病やうつ病の改善につながるとされています。運動をすることで脳に刺激が行き、それがうつ病改善につながるといわれているのです。まだ、研究と娘の部分もありますが、今後も新しいうつ病対策の治療が開発されていくことでしょう。そのような療法に関する書籍なども発売されていますが、必ず医師の診断を受けてからそれらの両方を取り入れるようにしてください。自己判断は危険なのでやめて下さい。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013