躁鬱病と診断された後に周りの人と一緒に治療していく

受診時のポイント

躁鬱病の注意すべきこと

躁鬱病かどうか知りたいときに、インターネットのサイトで診断して判断することも出来ます。専門機関に行くのが始め不安だという人は、そういったサイトを活用するといいでしょう。ですが重症化して、会社や家庭内で障害が生じているときには、すぐに検査を受けて躁鬱病かどうか診断を受ける必要があります。躁鬱病の患者は、うつ状態のときに専門機関を受診することが多くなります。それがうつ病と診断させる危険を生みます。家族や周りの人が、躁状態のこともきちんと理解して、付き添ってあげることが大切です。

今後のために知っておきたい知識

躁鬱病の症状は、患者本人と周りの人とでは症状に対しての感じ方が違ってきます。うつ状態の場合は、患者自身も自覚が可能です。ですが、躁状態だと、なかなか病気の自覚を持ちづらくなります。自覚が無いため、医師へ伝えるということもしない場合があります。そういったことで誤った診断を防ぐためにも、患者本人だけでなく、家族が付き添うことが重要になってきます。家族に関しては、前もって会社での状態を聞いておくことが大切です。

何か普段と違った雰囲気・行動・言動があったときには、家族や周りの人が気づいてあげましょう。本人ではなく、周りの人が受診を進めることも必要です。うつ状態がひどい場合、周りの人に話さないということもあります。何か元気がない・朝起きないといったことがあれば、受診・診断を促しましょう。躁の症状が出る患者は、自分が病気であることに気づきにくいことがあります。また、躁鬱病と思っていないため、病院に自ら行こうとする人も多くありません。無理やり連れていくのもよくありませんが、同意を得ながら一緒に医師のもとへ行きましょう。同意が難しい場合、家族が最初に相談することも可能です。

躁鬱病とは、躁病とうつ病を繰り返し発病する精神疾患です。急に気分がハイになりテンションが上がったり、それとは逆に急にテンションが下がり鬱状態になってしまう症状が主です。躁鬱病のような症状が出たら、自分で判断せずに医師の診断を受ける事が大切です。診断結果によっては、治療法として、気分安定剤、抗うつ剤、睡眠薬等を使用する薬物療法。心理教育や認知行動療法等の精神療法。その他にも、脳内に刺激電流を流すことで治癒に結びつける電気けいれん療法と呼ばれるものもあります。これらの治療は、患者さんによってそれぞれに合った方法を選択したり、組み合わせたりします。その際に、体への負担が少なからず掛かってしまうので、しっかりと食事や睡眠をとるなど、自身の生活リズムの調整に気を付けていく事が重要になってきます。

躁鬱病の診断を受けた後、必ずついてくるのは医師によるカウンセリングです。そもそもカウンセリングとは、普通に友達との会話のように話したり聞いたりするだけのように思われる方もいると思いますが、それとは少し違います。カウンセリングでは、アドバイスを言ったり、押しつけがましい意見のようなものは一切ありません。むしろ、自分自身で現在の状況をもう少しマシにするにはどのような行動をとったら良いかを、自身で思いつくお手伝いをするのがカウンセリングの仕事です。躁鬱病と診断を受けてしまった方は、カウンセリングの際、怖がったり心配したりする必要はないのでご安心ください。それこそ、医師の先生を友達のように思っていれば、気が楽になって良いのではないかと思います。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013