躁鬱病と診断された後に周りの人と一緒に治療していく

うつ病との違い

気分が落ち込む症状

「躁鬱病」と聞くと、「鬱」という言葉が入っていることもあり「鬱病と同じ病気なのではないか」と疑問に感じてしまう人が多いでしょう。確かに、躁鬱病というのは鬱の状態も入るので、同じような病気だと感じてしまう人もいますが、躁鬱病と鬱病にはある違いがあります。一体、どのような違いなのでしょう。

気分の浮き沈み

鬱病というのは、ずっと気分が落ち込んでいる状態のことをいいます。そのため、何か物事を始めようにも「自分なんかにできるはずがない」とマイナス思考になってしまうだけではなく、やる気も起こらないことがあります。しかし、躁鬱病は気分が落ち込んでいる状態と明るい状態が交互にやってきます。そのため、診断をする際、楽しい気分になることはあるか、といった質問をされることがあります。

調子がいいときがある

落ち込んでいる状態があるにも関わらず、「あれ、今日は調子がいいかも」というときがある人がいるでしょう。実は、これこそうつ病と躁鬱病の違いです。うつ病の場合、ずっと落ち込んでいる状態なので、調子がいいときというのはありません。これもうつ病か躁鬱病かを診断するための大事なポイントなので、病院に行って診断をしてもらうとき、正確に話すようにしましょう。

双極性障害と躁鬱病は同じ

このように、うつ病と躁鬱病には決定的な違いがあります。そのため、「これはうつ病なんだ」「自分の心の持ちようだよな」と自分で診断をしないようにしましょう。

躁鬱病という言葉は聞いたことがある人も多いと思います。しかし双極性障害という言葉は初めて聞く人も多いのではないでしょうか。両者は実は同じことを言っているのですが、鬱病の反対が躁病であり、両者を繰り返す病気のことを躁鬱病とよんでいただけなのです。現在は双極性障害がメインで使われています。 しかも現在は双極性障害は1型と2型に分類されています。1型は躁鬱の両方の気質がわかりやすく出現するため、診断が容易ですが、2型は躁状態の出現がうつ状態より短く少ないため診断が難しくなっています。このため、うつ病患者の中には潜在的に躁鬱病である人が多いといわれています。うつ病患者全体の10%は躁鬱病であると考えられているのです。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013