躁鬱病と診断された後に周りの人と一緒に治療していく

治療方法

治療の流れ

躁鬱病と診断された後は、躁鬱病の基本的な治療に則って治療を行なうことになります。基本的な治療の流れには、急性期治療で今現在出ている強い症状を緩和させるための治療が行われます。これが急性期治療です。強い症状を抑えた後は、その状態が続くように治療をしますが、これが継続値治療とよばれます。また、その治療が終わり、完全に症状が抑えられた状態になっても、躁鬱病が完全に治療されたわけではありません。インフルエンザは、薬によって症状が抑えられたとしても、ウィルスは体の中に存在しています。このため、薬で症状が抑えられたように診断された後は、更に静養することが求められます。躁鬱病の治療ではこれを予防的維持の治療とよんでいます。再発をしてしまうことも多いので、診断を受けたあとは継続的な観察が必要なのです。

急性期を抑える

診断後、躁鬱病の急性期の治療は、薬物治療が中心となります。薬物治療で使われる薬としてはリチウムが一般的ですが、これは同時に扱いが非常にデリケートなものなので、医師の判断に従って服用することが求められています。リチウムは躁状態とうつ状態、両方の症状を緩和する効果があります。ほかのバルプロ酸とカルバマゼピンは、躁状態を治療するのに効果が高いが、リチウムは両方への効果が高い薬なので、これが扱われやすいのです。安全な使用のために、治療中は血液検査が行われます。血中のリチウムの濃度が濃くなりすぎると、足元がふらついてしまうので、注意しなければならないのです。この薬で急性期の自殺願望や躁状態の過剰な行動が抑えられます。

病気によって薬は違う

一見、躁鬱病とうつ病では似たような治療なのではないかと思われますが、実は内服する薬に大きな違いがあります。うつ病の診断がおりると、抗うつ薬の処方を受けます。これは脳内のホルモンに作用し、気分の落ち込みを防いだりする作用があります。 しかし躁鬱病では気分安定剤の処方になります。こちらは神経の過剰な興奮を抑える作用があります。また痙攣の予防としても使われ、てんかん治療薬としても使用されています。このようにうつ病と躁鬱病では診断によって処方される薬剤が大きく違ってきます。いくら治療を続けても症状が改善しない場合は病気と薬があっていないのかもしれません。そういう不安を感じたら一度主治医に思い切って相談してみることをお勧めします。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013